これから6回に渡りデータベース開発の手法を解説していきたいと思います。

テーマとしては 『家計簿をつくる』です。


Step1 データベースの設計

 いきなり「家計簿」プログラムを作るといってもどの様に考えたら良いのか分かりません。 これもしたい、あれ
  もしたいと思っても頭の中はこんがらがってしまうだけです。

 (1) 最終目的を明確にしよう
   データベースを開発する上で大切なポイントは「最終目的を明確にする」ことです。つまり、どの様な結果を生
    み出したいのかをはっきりさせます。今回の最終目的としては次の2つの帳票を作成することにします。

  ・家計簿明細

 


 ・費目推移グラフ

 (2) 必要な項目情報を整理する

  最終目的が決まったらそれに必要な項目と役割情報を書き出します。

 ・家計簿
   日付 ・・・・・・・・・・・・・・・ 入力日付
   費目 ・・・・・・・・・・・・・・・ 収支分類項目
   収入 ・・・・・・・・・・・・・・・ 入金額
   支出 ・・・・・・・・・・・・・・・ 出金額
   残高 ・・・・・・・・・・・・・・・ 前の残高+収入−支出

 ・費目推移グラフ
   費目 ・・・・・・・・・・・・・・・ 収支分類項目
   月  ・・・・・・・・・・・・・・・ 1〜12月別
   費目金額・・・・・・・・・・・・・ 月別集計金額

 (3) テーブル構成を決める

   整理された項目情報を基に必要なテーブルを考えます。
   「費目」に関する情報はそれ自体を単独のテーブルにした方が良さそうですね。
   これを"マスターテーブル"にします。
   収支データを記録するテーブルは費目マスターテーブルを参照してデータ入力できるようにします。
   収支に関する情報は"トランザクションテーブル"にします。以下相関関係をリレーションシップで設定します。

  


  Note
 最終目的が決まったら具体的な処理をランダムな箇条書きにしてとどめて
 おきます。
 もちろん作成途中に気が付いた点は途中で追加していっても構いません。     
 そうした課題がより多く増えることでシステムが充実していきます。 
                    
   ■明細は日別費目順とする。 
   ■年月別に明細を表示する。 
   ■残高更新をいつでも行えるようにする。 
   ■収入合計、支出合計と残高を表示。 
   ■収支表を作成するボタンを作成。 
   ■推移グラフを作成するボタンを作成。 
   ■...etc。               

Step2 データベースの作成

  テーブル構成が決まったら早速Access2016でデータベースを作成することにしましょう。

    (1)新規accdbファイルの作成

1) Access2016を起動します。

2) [空のデータベース]をクリックしてデータベースの保存先を指定します。

3) 「ファイル名」を「KAKEIBO」と入力して[作成]ボタンをクリックします。  

4) 新規作成された「KAKEIBO」のデータベースウィンドウが開きます。

5) 最初に「テーブル1」のテーブルが開きますが、ここでは使用しないので閉じておきます。

    (2)費目マスターテーブルの作成

    テーブル構成を基にしてマスターとなる 「費目マスタ」テーブル とトランザクションとなる 「家計簿」 
    テーブルを作成します。 

1) [作成]タブの[テーブル]グループから<テーブルデザイン>ボタンをクリックします。

2) 「テーブル1」デザインビューが表示されます。
 
 以下の様に必要なフィールドを定義していきます。

     フィールド名    データ型     フィールドサイズ
    -----------------------------------------------------------
     費目ID     数値型      整数型
     費目名     短いテキスト    20

3) フィールド名とデータ型の設定が終わったら「費目ID」フィールドに主キーを設定します。
    費目IDにカーソルを移して[デザイン]タブの<主キー>ボタンをクリックします。

4) フィールドの定義が終了したら{F12}キーでテーブルに名前を付けて保存します。

          テーブル名:費目マスタ

5) テーブルを閉じます。

     (3)家計簿テーブルの作成

1) [作成]タブの[テーブル]グループから<テーブルデザイン>ボタンをクリックします。

2) 「テーブル1」デザインビューが表示されます。
 
 以下の様に必要なフィールドを定義していきます。

     フィールド名    データ型        フィールドサイズ  書式
    -----------------------------------------------------------
     ID        オートナンバー型        長整数型
     年       数値型         整数型 
     月        数値型         整数型 
     日        数値型         整数型 
     費目ID      数値型         整数型
     明細       短いテキスト      50  
     収入        通貨型             #,####
     支出       通貨型             #,####
     残金        通貨型             #,###0

3) フィールド名年、月、日のインデックスプロパティを "はい(重複あり)" に設定します。

4) IDフィールドを主キーに設定します。

5) {F12}キーでテーブルに名前を付けて保存します。

       テーブル名:家計簿

6) テーブルを閉じます。

Step3 フォームの作成

  「費目マスタ」テーブルを使用して費目を選択したものをグラフ化するフォームを作成します。
  グラフ化するフォームは後で作成することにします。
  ここでは費目を選択するフォームを作成します。 

1) [作成]タブの[フォーム]グループから<フォームデザイン>ボタンをクリックします。

2) 新しいフォーム(フォーム1)がデザインビュー開きますのでフォームのプロパティを
  以下の様に設定します。

       標題 ・・・・・・・・・・・・・ 費目選択
       スクロールバー ・・・・・・・・・ なし
       レコードセレクタ ・・・・・・・・ いいえ
       移動ボタン ・・・・・・・・・ いいえ

3) [デザイン]タブの[コントロール]グループから<リストボックス>アイコンをクリックして詳細
  セクションの任意の場所をクリックします。

4) 新しく作成されたリストボックスのプロパティを以下の通り設定します。

     ・ラベル
       名前 ・・・・・・・・・・・・・ ラベル1
       標題 ・・・・・・・・・・・・・ 費目名
       背景色 ・・・・・・・・・・・ 128
       前景色 ・・・・・・・・・・・ 10092543
       立体表示 ・・・・・・・・・ くぼみ
       文字配置 ・・・・・・・・・ 中央

     ・リストボックス
       名前 ・・・・・・・・・・・・・ Himoku
       値集合タイプ ・・・・・・・ テーブル/クエリ
       値集合ソース ・・・・・・・・ 費目マスタ
       列数 ・・・・・・・・・・・・・ 2
       列見出し ・・・・・・・・・ いいえ
       列幅 ・・・・・・・・・・・・・ 0cm;4cm
       連結列 ・・・・・・・・・・・ 1

5) 次に新しいテキストボックスを作成します。
  [デザイン]タブの[コントロール]グループから<テキストボックス>アイコンをクリックして詳細セク
  ションの任意の場所をクリックします。

    
6) 自動的に付加されたラベルは削除しておきます。
  新しく作成されたテキストボックスのプロパティを以下の様に設定します。

       名前 ・・・・・・・・・・・・・ HimokuId
       可視 ・・・・・・・・・・・・・ いいえ

 このテキストボックスは表示されませんのでリストボックスの下あたりに配置することにします。

7) グラフ処理コマンドボタンを作成します。
   [デザイン]タブの[コントロール]グループから<ボタン>アイコンをクリックして詳細セクション
 の任意の場所をクリックします。コマンドボタンが新しく作成されます。

  このコマンドボタンを以下の通り設定します。

       名前 ・・・・・・・・・・・・・ グラフ処理
       標題 ・・・・・・・・・・・・・ グラフ処理

  ピクチャプロパティの[・・・]ピクチャビルダを起動して選択可能なピクチャでグラフを指定して
 <OK>ボタンをクリックします。

8) 次にイベントのクリック時プロパティで[・・・]イベントビルダを起動しビルダの選択でマクロビルダー
 
を選択して<OK>ボタンを クリックします。
マクロエディタが表示されます。
  [デザイン]タブの[表示/非表示]グループで<すべてのアクションを表示>ボタンをクリックして

   有効にしておきます。

  +[新しいアクションの追加]リストボタンで、以下の通りに設定します。

     値の代入
        アイテム = Forms!F_費目選択!HimokuId
            式 = Forms!F_費目選択!Himoku.Column(0)

     フォームを開く
        フォーム名  F_推移グラフ
           ビュー フォームビュー

9) マクロエディタの閉じるボタン[×]をクリックしマクロを保存して閉じます。

10) {F12}キーで名前を付けて保存します。

        フォーム名:F_費目選択

11) フォームを閉じます。

 


  Note
 あとから作成する「F_推移グラフ」フォームでは「F_費目選択」フォームで指定され
  た費目を基に集計グラフを表示します。

戻る