Step5 マクロ・モジュールの作成

  マクロはデータベースに対する操作を自動化・定型化するために使用します。
  これに対しモジュールはユーザー定義関数の作成などVBAで高度な処理を実現することが出来ます。
  マクロとモジュールを利用して残高更新処理を作成していきます

 ・モジュールの作成

1) [作成]タブの[マクロとコード]グループから<モジュール>ボタンをクリックします。
 開かれたモジュールウィンドウ内で次の通り記述します。

 Option Compare Database
 Option Explicit
 '累計残高をグローバル変数で宣言
 Dim RuiZan As Long


2) メニューバーから[挿入(I)]−[プロシージャ(P)]をクリックします。
 プロシージャの追加ウィンドウが表示されます。

     名前(N):ZanIni
      種類:Functionプロシージャ(F)
    適用範囲:Publicプロシージャ(B)

 として<OK>ボタンをクリックします。

 そして以下の様に記述します。

     Public Function ZanIni()
       RuiZan = 0
     End Function

3) 同じ様にZandakaプロシージャも作成します。
  内容は以下の通りです。

     Public Function ZanDaka(A As Long, B As Long) As Long
      RuiZan = RuiZan + Nz(A) - Nz(B)
      ZanDaka = RuiZan
     End Function

4) 閉じるボタンをクリックしてモジュール1として名前を付けて保存し、閉じます。 

 残高更新クエリーの作成

   マクロの作成をする前に残高更新クエリーを作成しておきます。
   これは「家計簿」テーブルの残金をZandakaプロシージャ関数で更新するために必要です。

1) [作成]タブの[クエリ]グループから<クエリデザイン>ボタンをクリックします。

2) テーブルの表示ダイアログボックスが表示されたらQ_家計簿を選択し<追加(A)>ボタンを
  クリックします。

3) クエリウィンドウにQ_家計簿が表示されますので<閉じる>ボタンをクリックします。

4) [デザイン]タブの[クエリの種類]グループから<更新>をクリックして以下のフィールドを追加
  します。

       フィールド:残金
        テーブル:Q_家計簿
     レコードの更新:ZanDaka([収入],[支出])


6) {F12}キーでクエリに名前を付けて保存します。

        新しい名前:Q_残高更新

7) クエリウィンドウを閉じます。


 ・マクロの作成

1) [作成]タブの[マクロとコード]グループから<マクロ>ボタンをクリックします。

   マクロエディタが開きます。[すべてのアクションを表示]を有効にして以下の様に設定します。



2) {F12}キーでマクロに名前を付けて保存します。

       新しい名前:残高更新

3) マクロエディタを閉じます。


戻る