クエリ活用<<基本例題>>


概要:
   
クエリを活用した基本例題です。

  ※ DownLoad の「qkihonrei.zip」で動作を確認してみて下さい。


  テーマ 使用クエリ 内容
1 1対1の設定 1対1のリレーションシップ例(リレーションシップ図を参照)
「社員」テーブルと「パソコン」テーブル
2 1対多の設定 1対多のリレーションシップ例(リレーションシップ図を参照)
「社員」テーブルと「受注」テーブル
3 多対多の設定 「社員」テーブルと「資格」テーブルを使用した多対多のリレーションシップ例。
Accessではこのような関連付けをおこなうためには中間テーブルが必要なため、「資格履歴」テーブルを使用する。(リレーションシップ図を参照)操作方法とすればまず、「社員」テーブル側で取得している資格をサブデータシートで選択入力する。続いて「資格」テーブルを開き、さきほど入力した内容が「資格」テーブル側に反映されていることを確認する。今度は「資格」テーブルで取得している社員を選択入力してみる。「社員」テーブル側でもその結果が反映されていることがわかる。このような多対多の関係を理解する。
4 選択クエリ  01選択クエリ クエリの作成方法(テーブル、フィールドの追加)をつかむ。複数のテーブルから必要な項目を取り出すことができるのが選択クエリの最大の特徴であることを「社員」、「受注」、「得意先」テーブルを使ったクエリで修得。
5 パラメータクエリ  02パラメータクエリ 受注月日を「2017/09/25」と指定することで「受注」テーブルから任意のレコードを抽出できる実例。
6 重複クエリ  03重複クエリ 重複クエリウィザードを使って作成する。「得意先」テーブルの中から「フリガナ」フィールド値の重複しているものを抽出。
7 不一致クエリ  04不一致クエリ 不一致クエリウィザードを使って作成する。「得意先」テーブルと「受注」テーブルで受注実績のない得意先を抽出。
8 集計クエリ  05集計クエリ 簡単な集計をデザインビューで作成する。ここでは「受注」テーブルと「社員」テーブルの関連付けを復習し、社員別のグループ集計ができることを習得する。
9 クロス集計  06クロス集計 クロス集計クエリウィザードを使って作成する。「得意先」テーブルと「受注」テーブルで社員別に四半期毎の多次元集計が行えることの実例。
10 更新クエリ  07更新クエリ 「受注」テーブルの「運送料」を1割アップする実例。
11 削除クエリ  08削除クエリ 「受注」テーブルの「受注日」が2017年以前のレコードを削除する。抽出条件で削除指定する事ができる。
12 追加クエリ  09追加クエリ 「派遣社員」テーブルに新規レコードを追加する実例。通常はテーブルのレコードを選択して追加するが、クエリのフィールド値からも追加できる。
13 テーブル作成クエリ  10テーブル作成クエリ 「06クロス集計」クエリの結果でテーブルを作成する実例。
14 ユニオンクエリ  11ユニオンクエリ 「社員」と「派遣社員」テーブルで統合された名前を表示する実例を紹介。
15 データ定義クエリ  12データ定義クエリ データベースウィンドウから作成する上では特に必要ないが、SQLで行うとこうなるという実例。ここでは「消費税率」テーブルを新規作成する。
16 並べ替え1  13ふりがな順で並べ替え 「顧客」テーブルの「ふりがな」順でデータシートビューを開く実例。降順もおこなってみる。
17 並べ替え2  14誕生日と性で並べ替え 複数項目での並べ替えをおこなう。
18 抽出1  15都道府県で抽出 「顧客」テーブルの「都道府県」で"広島県"を指定した抽出の実例。他の都道府県を指定して実習する。
19 抽出2  16誕生日と性で抽出 複数項目に渡る条件抽出の実例。誕生日が「1960/01/01」以前の女性を抽出。
20 抽出3  17文字の先頭一致で抽出 ふりがなで先頭文字が「さ」から始まるレコードの抽出例。
21 抽出4  18文字の部分一致で抽出 ふりがなで「な」を含むレコードの抽出例。
22 抽出5  19文字の最後一致で抽出 ふりがなで最終文字が「こ」のレコードの抽出例。
23 抽出6  20一致しないレコードの抽出 ふりがなで先頭文字が「さ」から始まらないレコードの抽出例。Not演算子を理解する。
24 抽出7  21文字リストで抽出 ふりがなで「た」行のレコード抽出例。
25 抽出8  22日付の範囲指定で抽出 「受注」テーブルから4月分を抽出する例。
26 抽出9  24NULL値の抽出 「顧客」テーブルで趣味を持たないレコードの抽出。
27 抽出10  25NULL値でない抽出 「顧客」テーブルで趣味項目にいずれか値を持つレコードの抽出。
28 抽出11  26トップ値抽出 「05集計クエリ」をベースにトップ値5でデータシービューを表示する。

戻る