クエリ活用<<応用例題>>


概要:
   
クエリを活用した応用例題です。

  ※ DownLoad の「qouyourei.zip」で動作を確認してみて下さい。


  テーマ 使用クエリ 内容
1 パラメータクエリの応用  01パラメータ値ですべて表示 「Objパラメータ値ですべて表示」ではパラメータに何も入力せずに[OK]するとデータシートビューのレコード件数はゼロとなる。ここではパラメータ値がNullの場合でもすべてのレコードが表示できる抽出条件の設定例である。
2 ユニオンクエリ  02趣味一覧(ユニオンクエリの例) ユニオンクエリでは複数のテーブルをひとつのフィールドでまとめることができるが、ひとつのテーブルから複数のフィールドをひとつのフィールドにまとめる例。
3 複数のクエリを使う  03最新のデータを条件指定 売れ筋商品、有力な得意先を最新のデータで抽出するケースは頻繁にありがちな課題である。「Obj最新データ」は「出荷明細」テーブルを品名別に出荷日の最終日付で抽出する。さらに、この中から指定した金額より多いレコードを抽出する。
4 演算書式で抽出  04サンプルデータ時刻抽出 生産工場では品質管理のために計測値のサンプリング収集をおこなっている。1分おきに記録したデータの中から10分ごとのサンプルデータを時刻抽出する方法を紹介。
5 組み込み関数を利用1  05ランク別の商品単価 顧客のランクに応じて、商品単価を設定する例を紹介。
6 組み込み関数を利用2  06日曜日を除く営業日の指定 Accessの組み込み関数を使用して複雑な条件式を解決する例。現在日より指定された日数だけさかのぼった日付を表示する。ただし日曜日の場合には休業日として翌日の月曜日の日付を示さなければならないという設定例。
7 組み込み関数を利用3  07誕生日から年齢算出 IIF関数を利用した演算フィールドの実例。「Obj勤続年数を算出」では入社月日から勤続年数を算出している。
8 組み込み関数を利用4  08消費税額の計算 「出荷明細」テーブルを使って消費税を演算フィールドとした「Obj消費税額の計算」クエリでは消費税フィールドは小数点表示となる。Ccur関数は通貨型に変換する関数で端数は四捨五入処理されることを紹介。
10 追加と削除の連携1  10不要レコードの移管(Step1) 処理の概要としてはデータを整理するために、処理済みのものに関しては別のテーブルに移管するものである。ここでは「工事物件」テーブルを例題にして取り組む。
「工事物件」テーブルからチェックボックスで指定した過去のレコードを、別のテーブル(「工事完了」)に保管する。
11 追加と削除の連携2  11不要レコードの移管(Step2) 次に、「工事物件」テーブルから指定した過去のレコードを削除する。これで「工事物件」テーブルは整理され、不要レコードは「工事完了」テーブルに移管されたことになる。
12 日報管理  12指定した月度日報 1年分のレコードを用意した「日報」テーブルから、任意の月度日報を編集する。年度の更新のために「暦表」テーブルを用意する。「Obj暦表年度更新」で新年度の日付更新と予定を空にする。次に「Obj暦表に休日設定」では土日を休日に設定するように更新式を組み込んでいる。この後で会社の予定休日を「暦表」テーブルに書き込んでおけば「Obj日報に暦表を追加」で新年度の日報が完成する。また、「Obj年間休日数」で年間の休日数を、「Obj年間労働日数」で年間の労働日数を計算する。両クエリは「暦表」テーブルを編集する目安となる。
13 貸し出し管理   13貸出VDISKの延滞一覧 会社の備品であるビデオテープを社員に貸し出しするという設定で、「VDISK」、「貸出履歴」、「社員」の3テーブルを使用。貸し出しをしてから2週間経っても返却されない貸出先とタイトル名、貸出日、貸し出し後の経過日数を一覧表示にする例を紹介。
14 サブクエリを使う1  14グループ別累計 グループ別に累計を加算していく演算フィールドの実例。ここでは集計クエリではなくサブクエリを使う手法の紹介。
15 サブクエリを使う2  15最新日付データを取り出す 「出荷明細」テーブルの出荷日から品名毎に最新の日付データを抽出する例。サブクエリを抽出条件として使用する。
16 サブクエリを使う3  16所属別トップ営業マン 「契約実績」テーブルで所属部署で成績トップの社員を抽出する例。サブクエリを抽出条件として使用する。
17 サブクエリを使う4  17順位付け 「契約実績」テーブルを使用して、契約件数の順位付けをおこなう。サブクエリを演算フィールド値として使用する。
18 在庫管理1  18現在庫数の算出(外部結合) 在庫管理の簡単な実例。「T_商品」を基に「T_入庫」、「T_出庫」を外部結合として現在庫数を求める手法の紹介。ここでは期首在庫から入庫数を加えて出庫数を引き現在庫数を算出するようにしている。このため商品在庫の流れが把握できるようになる。
19 在庫管理2  19現在庫数の算出(UNION) 現在庫数を即座に求める例。「T_入庫」、「T_出庫」テーブルをユニオンクエリ化した「Obj入出庫」で商品毎の入出庫数を算出。「T_商品」との連結で現在庫数を求める例を解説する。
20 納品管理1  20商品別に未納品数(外部結合) 商品ID別に集計した「Obj納品数計」、「Obj受注数計クエリ」を外部結合に持つ「T_商品」テーブルの構成。受注数から納品数を減算した結果を未納数とする。
21 納品管理2  21商品別に未納品数(サブクエリ) サブクエリを使って未納数を直接フィールドに表示する例。このクエリでは抽出条件に「>0」とすることで未納数のレコードだけを表示できることができる。
22 就業管理  22就業一覧 一般的には「Obj勤怠一覧」クロス集計で勤怠一覧表は可能であるが、夜間勤務で退出時に日付が変わる場合には不都合がある。この問題を克服するようにした。まず「勤怠」テーブルに勤務区分を設け、夜間勤務はその値を2とする。「Obj退出」クエリでは夜間勤務の場合は1日戻した値を突き合わせ日とする。「勤怠」テーブルの打刻日と「Obj退出」クエリの突き合わせ日と社員IDで結合し、出勤日と退出日を明確にするものである。

戻る